×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

3:動き出したプロジェクト

 

 メンバー発表の あった翌日の土曜、本社ビル近くのスポーツセンターでは運び屋の実技試験が行われようとしていた。

「まさか、100人 から10人に絞り込まれるとは想定外だったというか―」

 一番驚いているの は飛翔だった。オペレーター部門の実技審査を兼ねていた集計作業で何かの動きがあった…としか考えられないような結果だったからである。

「スポーツセンター の広さを考えると、もう少しは大丈夫かと思ったら…この人数まで減るとは自分も驚いた」

 飛翔の隣にいる瀬 川も驚きの表情を見せていた。既に会場入りしているのは飛翔と瀬川を含めて7名、残り3名が会場に到着していないようだが―。

 

「大幅な人数調整を 行ったか、あるいは超有名アイドルの隠れファンクラブメンバーを外したか…。どちらにしても、この実技で全ては判明すると言った所か」

 ジャージに着替え たドラゴンの覆面が7人に遅れて会場入りを果たす。彼が現れた事に飛翔と瀬川を除いた5人は驚く。

「まさか、彼が採用 されるとは」

 体格等を考えて、 不採用だと思われていた人物が採用された事に驚くのは元プロ野球選手の男性だった。彼の隣にいる陸上アスリートの男性も彼と同じ意見である。

「元ハンマー投げの 選手や水泳選手が面接で落選になった事を考えると、単純にアスリート系の人材だけを求めている訳ではない―という理論に達すると言う事か」

 一人でベンチに 座っていたのは、ビジュアル系バンドを思わせるようなスマートな体格をした男性だった。彼も面接を受けようとしていたのだが、時間の関係上で面接を別の日 に受けていたのである。

「まさか、あなたは エノクの―」

 彼の前を通り過ぎ ようとしていた一人の女性が驚きのあまり、足を止める。彼女は裏の格闘技でもある程度有名な人物でもあるのだが、腕試しという意味合いで運び屋に応募して いたのである。

「どうやら、君は私 の事を知っているみたいだが、この会場でその名前を呼ぶのは―他の参加者にも迷惑になる」

 彼は何かの含みを 残して注意した。今の時点で名前が知られては非常にまずいのだろうか…と。

「あえて名前で呼び たければ、服部半蔵とでも名乗ろうか―」

 彼は特に呼ばれて も影響がないような名前を思いつき、服部半蔵と彼女に名乗った。

「お互いに合格出来 るように、全力で頑張りましょう―半蔵さん」

 そして、彼女は何 処かへと姿を消した。半蔵は彼女の顔に見覚えがあったのだが、名前を尋ねる事は最後までしなかった。

「お互いに、合格出 来る事を祈ろう―」

 既に姿が見えなく なった彼女に対し、半蔵はエールを送った。

 

 集合時間となり、 会議室の中に運び屋候補が次々と入ってくる。

「どうやら、この会 議室に来たのは自分が一番のようね―?」

 最初に入ったのは 飛翔だったが、それよりも先に先客がいたのである。

「おいおい、ドラゴ ンの次はライオンとピエロ…サーカス団のオーディションか?」

 2番目に入ってき た元プロ野球選手も会議室にいた先客に驚いた。それは、ドラゴンの覆面を思わせるようなライオンの覆面をした女性とピエロのコスプレをした人物だった。

「ライオンの方は… 超有名アイドルとは関係なさそうに見えるけど、ピエロは面接中継の録画では一言も喋る事はなかった。要注意人物は、ピエロの方かもしれない―」

 3番目に入ってき た瀬川はピエロの人物が実技における要注意人物とみている。瀬川と一緒に入場する形で登場したのはまどかである。

「どうやら、サウン ドランナーにも超有名アイドルの魔の手が伸びているようですね」

 5番目に入ったの は、意外な事に受付が遅かったはずのドラゴンの覆面だった。彼はライオンの覆面が超有名アイドルの関係者なのではないかと予想していた。運び屋に関して は、今回を含めて厳しい審査をクリアしなければライセンスが得られない事が仮メンバー発表時の生放送でも告知されている。この辺りは偽造ライセンスが出回 らないようにする為の対策らしいのだが、詳細は後日と言う事になっていた。

「ここまで個性的な メンバーが揃うとは」

 6番目にやってき たのは、元陸上アスリートの男性だった。7番目には半蔵、最後の8番目に姿を現したのは―。

「私は七―じゃな い、あえて名前を呼ぶならばサスケと呼んでくれ!」

 最後に現れたの は、自分をサスケと名乗った人物だった。半蔵に影響を受けたのかは不明だが、彼女も偽名エントリーらしい。

 

「どうやら、全員が 会場に現れたようだな」

 サスケが現れて1 分後にプロデューサーが姿を見せた。それに加えて、技術部が何やら大型の梱包が施された箱をカートに乗せて運んできた。どうやら、これが例のスーツになる のだろうか―?

「今回の実技では、 実際のコースを想定した仮想空間でタイムアタックを行ってもらう」

 仮メンバー発表の 生放送でプロデューサーが告知をしていた為にタイムアタックに関しては予想済みだったのだが、仮想空間を使う事は誰も予想できていなかった。

「事前に何処か経由 で情報が漏れないように何個かのダミー情報を発表していたのだが―こうもあっさりとダミーにかかるとは予想外だったよ」

 実は、実技当日に メールで実技内容が音楽ゲームやイントロクイズなのでは―と実際にメールを送ってきた人物がいるらしい。それに加えて、つぶやきサイトでも参加者のかく乱 を目的とした釣り情報があちこちで目撃されている。

「現状では敗者復活 戦は考えていない。各自の心構えで実技の結果は大きく変わるのは確実だろう。数字で出された結果も評価のひとつとして見るが、それ以外にも自分を表現でき ているか、実技を真剣に受けているか等も評価の対象になる―」

 プロデューサーは 実技を受ける態度次第ではタイムアタックの結果が良くても不合格の対象にするかもしれない―と告げた。

「では、箱の中身を 公開する事に―」

 プロデューサーの 合図で箱のロックが解除され、そこから出て来たのはSFに登場するようなスーツだったのである。

「これが、サウンド ランナー用ノーマルスーツの基本タイプだ」

 メモリーランナー の原作とは若干かけ離れたSFデザインなのは、色々事情もあるのかもしれない。しかし、左腕には広域ナビゲーションシステムの改良型、両手にはハイパーグ ローブシステムを実装し、背中には小型化した大容量バッテリー、脚部はハイパーブーツが標準装備されている。

「デザインに関して は原作とは全く違う物になってしまったが、搭載されているシステムは全てゲーム版を元に忠実に再現。マップデザインやナビプログラムは原作元監修済となっ ているので安心して欲しい」

 プロデューサーが 一通りの説明を終了した後は、プロモーションムービーが初お披露目された。

「これは凄いとしか 言葉が出ない―」

 元アスリートもハ イパーブーツやナビと言ったシステムを見て、普通に驚くしか出来なかった。

「これは、強化型装 甲アイドルとライバルになりそうな能力を持っている」

 興味深そうにプロ モーションムービーを見ていたのはドラゴンの覆面だった。それ以外のメンバーは無言でムービーをチェックしたり、配布されたスペックノートをチェックして いたりと行動はバラバラだった。

 

 ムービー終了後、 サウンドランナーのスーツに関しての質問を受け付ける事になった。

「ノーマルスーツの デザインは1種類だけですか?」

 最初に質問をした のはまどかだった。プロデューサーは少し間を置き、まどかの質問に答える事にした。

「今回は、お披露目 も兼ねている為に1種類しか準備出来ませんでしたが、運び屋に正式採用されたメンバーには、各種カスタマイズを含めた要素も検討をしております」

 プロデューサーの 回答をこまめにメモしているのはドラゴンの覆面とピエロ、瀬川の3名である。次に質問をしたのは意外な事に元陸上アスリートだった。

「100メートルを 5秒で走る事が可能との事ですが、これはエネルギー最大時という限定が付くのでしょうか?」

 100メートルで 10秒台の日本記録を過去に持っていた彼にとって、100メートルを5秒で走り抜ける事が出来ると言う点も魅力的に見えた―。

「特に最大充電時限 定で100メートルを5秒で走る事が可能…という訳ではありませんのでご安心ください。ただ、バッテリーの残りが少ない場合には最大加速も自動的に落ちる 事になります。こちらに関しては、試作段階と言う事もあって詳細な数字はお答えできませんが―」

 元陸上アスリート は何かに納得したかのように、表情が変化する。その辺りの表情の変化もプロデューサーは見逃さなかった。

「今回のスーツデザ インが若干変更された点については、面接に登場した強化型装甲アイドルが影響しているのでしょうか―」

 最後に質問をした のは、ドラゴンの覆面だった。当初にデザイン素案として発表されていたスーツと今回発表した試作型スーツでは天と地の差まではないのだが、細かい部分でデ ザインが大幅変更されているのは誰の目から見ても明らかであった。

「全く影響を受けて いない…というと嘘になりますが、この辺りは強化型装甲アイドルの公式発表まで待ちたいと思います―」

 この質問に答えた のは、プロデューサーではなく飛翔だったのである。本来であればプロデューサーが解答をすべきなのだが、スーツを製作したのは技術部である為、飛翔が代理 で回答をした形になった。

「分かりました。向 こう側の正式発表待ちと言う事にしておきましょう―」

 ドラゴンの覆面も 何か含みを持たせたような言い方だが、今の解答で現状は納得する事にした。どちらにしても、向こうが公式発表をしていない中では情報が得られるとも思えな い為である。

 

 質問会も終了し、 会場の準備が整ったという報告を受けて会議室から体育館の方へと移動を開始した。

「そう言えば、彼は あの覆面をしたまま実技を受けるつもりだろうか―」

 元プロ野球選手と 元陸上アスリートの二人は同じ事を思っていた。この場合の彼とはドラゴンの覆面をした人物の事である。

「言いたい事は分か るつもりだが、あのピエロも相当大変だと思う―」

 2人の話を聞いて いた半蔵がピエロの人物に関しても同じような状態なのでは…とツッコミを入れる。

「あのライオン… やっぱり、何処かで会った覚えがあるかもしれない」

 瀬川はライオンの 覆面をした人物が背格好等から過去に会った事のある人物なのでは…と思い始めていた。しかし、数人に絞れたとしても顔が分からない事には…。

 

「お待たせしまし た。これが、今回の実技で使用するシミュレーション用マシンです」

 体育館に到着した メンバーを待っていたのはいつもの作業着に着替えた飛翔だった。彼女の右手に示す方角にあるのがシミュレーションマシンなのだが―。

「ゲームセンターに あるような体感マシンを思わせるのだが、大丈夫か?」

「大丈夫よ、その点 は問題ないわ」

 半蔵の質問に対 し、飛翔がノリで回答をする。体感マシンと言っても、レースゲームのような筐体ではなく、ダンス系の音楽ゲーム

筐体に若干似たよう な感じだろうか。

「コースは短距離の 5キロを走るコースだけど、途中でビル等の障害物もあるので自分なりのコースを構築した方がベストかも」

 飛翔が用意したホ ワイトボードに今回の実技で使用するコースの白地図を貼って説明を始める。

「今回に関しては、 色々な諸事情もあって架空の街という設定ですが―」

 飛翔の説明では、 今回の実技に関しては架空の街という設定だが、第2次募集等では実際の街並みを使えるように調整中だと言う。

「折角ですので、自 分が試しにマシンの操作方法を説明するのと同時に実技テスト…と言う方向で話を進めようかと」

 飛翔がマシンの前 に立ち、目の前にあるスタートボタンを押す。足には既に運動靴とは別にリング状の装置が付いている。

「基本的には、ゴー ルを目指すだけなので普通に走るモーションをすれば、画面も一緒にスクロールします。この辺はトレーニングマシンと同じ感覚と思っていただければ―」

 画面スクロールが 速く見えるのは、サウンドランナーの時速がアスリート等よりも速い為なのでは…と見ていた参加者は思った。

「唯一、トレーニン グマシンと違う動作を必要とする箇所はビルクライミング―高層ビルを登る動作だけです。手を前に出して、画面の指示通りに左右の手を交互に出していけば登 るようになっています。ハイパーグローブの理論的には手だけでも普通にクライミングは可能ですが、この辺りは後で配布されるガイド本を確認してください ね」

 飛翔が解説を交え ながら難なくビルを登り切り、ゴール地点へと直線距離で向かう。

「これで、ゴールで す。特に難しい動作は必要ありませんので、緊張せずに自分の全力を出せれば難なくクリアできると思います」

 飛翔がゴールした タイムは、5分30秒と5キロという距離のタイムとは思えない記録だった。この辺りは、サウンドランナーの実力という所が大きいのかもしれない。飛翔とし てもハイパーグローブとブーツ部分を製作しただけに自信がある。

「次は私が―」

 ドラゴンの覆面と ライオンの覆面、元プロ野球選手、サスケ、ピエロが挙手をする。瀬川は様子見を決めて挙手をせず、まどかも瀬川と同様に他の参加者のスコアを見てから走る 気配を見せている。半蔵は寝ている訳ではないが、飛翔のスコアを見ても動揺するような様子は全くない。

「次は自分が行く」

 周辺の挙手ラッ シュとは別に、元陸上アスリートが手を挙げる。それを見たプロデューサーも2番目は彼に…と言う事で、元陸上アスリートが準備を始めた。

「要するに、5キロ の距離を6分以内でクリアできれば―」

 意気込みは良かっ たのだが、彼には何か弱点があるように見えた。最初に提示した飛翔のタイムである5分30秒という記録ばかりに気を取られ、後で大きなミスをするのではな いか―とプロデューサーは懸念する。

「このコースは ―!」

 元陸上アスリート は、ビルクライムを必要とするルートを全く使わず、大半を一般道路や坂道等のルートで走り抜ける。確かにこのルートを使えば、危険な橋を渡らずには済むだ ろう。ビルクライムは一歩間違えれば命を落とす可能性もある。転落を感知した際にスーツの安全装置が自動的に作動する仕組みではあるが、エラーで動かない ケースもあるかもしれない―そんな恐怖が彼をビルクライムルートから遠ざけた。

「タイムは―」

 ようやくゴールを した彼の記録は、13分20秒だった。現在のメンバーでは最下位という結果である。しかも、想定していた6分台よりも大幅に遅れている。

「サウンドランナー はトラック競技よりも障害物競走というイメージの方が近い。彼の記録が伸びなかったのは、トラック競技ばかりがメインだった為に危険なコースを見慣れてい ないのが原因だろう」

 半蔵が冷静に分析 をする。それを聞いていたドラゴンの覆面は3番目に走ろうとも考えていたが辞退をする事にした。

「トレーニングでも 走らないようなコースをサウンドランナーでは走る事になるのか―」

 3番目に走ったの は、元プロ野球選手だった。彼の場合はトレーニングで階段を上り下りするのには慣れていたのだが、元陸上アスリート同様にビルクライムに関しては躊躇する ような動きがあった。タイムは、元陸上アスリートと同じ位の13分10秒だった。

「4番目は自分が走 る―」

 4番目に名乗りを 上げたのはライオンの覆面だった。表情を読み取る事は覆面をしている関係で出来ないが、彼女の一言からは自信があると言う風にも聞こえた。

「これは、まさか ―」

 彼女の自信は本物 だった。彼女より先に走った元プロ野球選手や元陸上アスリートが躊躇したビルクライムを何度も披露した。その一方で、ルート選択に若干の力技と思わせる箇 所があり、タイムは飛翔よりも遅れる結果となった。それでも、9分50秒と10分を切るタイムは暫定2位にはふさわしい結果となった。

「次こそは―」

 5番目に走ったド ラゴンの覆面は終盤のルート選択に光る物があったが、序盤の2分以上の大幅な遅れを取り戻す事が出来ず、9分40秒とライオンの覆面が出した記録を10秒 更新するにとどまった。

「次は自分の番―」

 6番目に走った瀬 川は躊躇なくビルクライムで直線距離を進んで行くという飛翔も選択しなかったショートカットを披露して会場を沸かせるが、終盤の体力切れが影響して7分 ジャストと言う結果に終わった。

 無言のまま、7番 目に姿を見せたのはピエロの人物だった。外見こそはサーカス等で見かけるピエロその物だが、両手をよく見るとバイク用のグローブをしていたのである。

「何だ、あの動き は…」

 元野球選手と元陸 上アスリートはピエロの動きを見て驚く事しかできなかった。服装から見てもアスリート系の体格ではないはずなのに、動きの滑らかさや適応力の早さは並のア スリートよりははるかに上である。ルート選択もかなり正確で、アンドロイドなのでは…と言われても不思議ではない程の完璧な最短ルートを選択し、ゴールし たのだが…。

「あれでもタイムが 6分オーバー…」

 瀬川が驚くのは無 理もない。ルートの選択には間違いはなく、ビルクライムも初体験という割には上手く出来ていた。技術部出身の飛翔は例外という事を踏まえても、若干の動作 ミス等が数秒単位でタイムに影響をするという事を物語った。

「次は私が…」

 8番目に登場した のはサスケである。格闘技をやっているという事で、アスリート系とは違ったスキルが見られるかもしれない―そうプロデューサーは思った。

「この動きは…?」

 会場にいた参加者 のほぼ全員がサスケの動きに驚いた。ライオンの覆面とピエロも驚いているのかもしれないが、表情を確認する事は出来ない。ルート取りに関しては瀬川と同じ くビルクライムを頻繁に駆使するショートカットだが、サスケは瀬川以上にやや強引なショートカットを披露した。

「あのまま直線に進 むと、マンションに―」

 瀬川が若干右に迂 回して終盤で体力切れとなったマンションが立ち並ぶエリアがサスケの目の前に現れる。サスケも自分と同じように迂回ルートをたどるのでは…と瀬川は思って いたのだが、サスケはこのまま直進し、1つめのマンションをビルクライムで屋上まで上り、2つ目以降はジャンプを駆使して進んで行く。5つ目のマンション をジャンプで飛び移った所に見えたのはゴール地点である。

「あそこまで強引な ルートを通るとは…ある意味で予想外の人物―と言った所か」

 ドラゴンの覆面は 思う。彼女が運び屋ではなく別の職業―例えば、強化型装甲アイドルに選ばれたとしたら…それを考えると彼の身は震えた。

「タイムは5分45 秒…もう少しで飛翔のタイムを更新出来る所まで来たか。彼女の身体能力を持ってしても飛翔には勝てないとなると―」

 半蔵はサスケの動 きを見て、格闘技だけでここまでのタイムを出せるのか…と疑問に思う所があった。

「9人目はまどか か…」

 サスケの後に登場 した9人目はまどかだった。まどかの体格を見ると、サスケと似たり寄ったりという体格をしている。その部分を半蔵は疑問に思う。

「確か、彼女は陸上 の県大会に出た事もあったという話があったが―本当にそれだけで実技まで残ったのか気になる所か」

 半蔵と同様にドラ ゴンの覆面もまどかに関しては関心を持っていた。陸上の経験があるとはいえ、ただのコスプレイヤーとも考えにくい。その正体は一体…と彼女の正体を探る気 になっていた。

「行きます!」

 何かのスイッチが 入ったかのように、別人とも言えるテクニックやルートを披露するまどかを見て、ピエロ並の適応力があるのでは…と周囲からの声が聞こえていた。

「あのスピードで は、激突する…?」

 瀬川は高速で直線 距離を進むまどかの前に高層ビルらしき物が見えて来た事に対し、まどかが減速する様子を見せない事から激突するのでは…と思っていた。

「なんて力技を―」

 驚いたのは元プロ 野球選手だった。まどかは減速せずに高層ビルに手をかざして、そのままビルに接触し、ビルクライミングを始めたのである。普通であればあれだけの高速で高 層ビルに激突すれば、スーツの強度やカスタマイズにもよるがビルにも何らかのダメージは避けられない。しかし、まどかは加速を利用して逆にビルクライミン グに利用したのである。

「本当に壁登りをや りかねないような流れだったな―」

 サスケは、今のま どかの動きを見て、今後の脅威になるのでは…と思った。

 

 まどかの記録は、 5分40秒と再び暫定2位が入れ替わると言う結果になった。飛翔の5分30秒の壁は破られる気配はない。

「どうやら、自分が 最後になったようだ―」

 10人目として走 る事になった半蔵。しかし、機械の方で若干のトラブルが発生した為に修理終了後に半蔵の実技を開始する流れとなった。

「それにしても、飛 翔の取ったルートが未だに分からないのだが―」

 ホワイトボードの 白地図に自分のルートを矢印で書いている元陸上アスリート、それを見た瀬川とまどか、サスケ、ドラゴンの覆面も自分が通ったルートをホワイトボードに書い ていく…。

「最初の直線から駅 に突入するルートから違っていたな。普通のルートだと駅の西口から東口へ出るルートを通って、道路に出るのだが…飛翔、サスケ、ドラゴン、瀬川、まどかは 西口に置いてあったジャンプ台から駅の線路に侵入し、直進してルートを確立した。普通だと駅の線路なんて電車が通る事を考えて進むなんて事はしないのに ―」

 元プロ野球選手と 元アスリート、ピエロの3人は電車の事も考慮して西口から駅構内を入る形で東口に出た。ライオンの覆面も西口から駅構内を通過するのは同じだったが、彼女 は2階へと登り、東口付近の隣にあったビルにクライミングを駆使して強引なルートを通過している。元アスリートはライオンの覆面は例外としても、ピエロが どうして自分と同じルートを通った点に関して疑問に思っていた。

「どのルートが最適 なのか…右下に簡易マップこそ出るものの、マニュアル通りに向かえば15分オーバーは確実―。その中で飛翔はマニュアルに頼らないような最短ルートを自分 達で探すようにアドバイスした?」

 瀬川は飛翔が最初 にプレイしたのは操作系の実演だけではなく、如何にして自分で考えた最短ルートを確立してタイムを早くする事が出来るのか…それをサウンドランナーの心得 として教えたかったのかもしれない。

「確かに、ナビを使 えば最短ルートを確立する事が可能―という風にスーツの説明では書いてあったな。なのに、どうしてナビ機能は今回に限って最低限しか使えなかったのか…技 術部の遅れとか不具合が原因なのでは―」

 元プロ野球選手は ナビ機能が使えていればタイムを早く出来るような…そんな発言をしていたが、それを聞いたのかは知らないがライオンの覆面が途中から話に参加してきた。

「ラーメンやピザの 出前が、バイクにカーナビと同じようにナビを積めるとでも本気で思っているのか。最初はナビなしでもマップを頭に叩き込んで―?」

 ライオンの覆面が 自分で言った発言で疑問が浮上した。飛翔は本当にナビを確認してしたのだろうか…と。

「彼女の場合は技術 部でマシンの方も触っていたから、機械のテスト中に何度もマップを確認していた―?」

 元プロ野球選手 は、飛翔が技術部出身という事で何度も機械のテストに参加してマップをある程度覚えていたのでは…と。

「ピエロの真意は分 からないが、最低でも飛翔は今回のテストで使用するマップに関しては把握していなかったと思うが―」

 話を一通り聞いて いた半蔵が機械の修理中はやり事がない為に話に入ってきた。

「今回に関しては、 色々な諸事情もあって架空の街という設定―と彼女は言っていた。実際の本社ビル周辺を実技テストで出す事も可能だったが、あえてそれをしなかったのには理 由がある」

 半蔵は飛翔が本社 ビル周辺を何回か下見をしている場面に遭遇した事がある。下見と言うよりはハイパーグローブとブーツのテストを兼ねた物だったと思われるが…。それを踏ま えると、本社ビル周辺のCGモデル自体は完成していてテストコースに使う事も可能だったかもしれない。

「確かに技術部とし ての仕事も彼女にはあるだろう。しかし、運び屋は運び屋として分けて参加している…とも考えられないか?」

 半蔵の発言の後、 機械の修理が完了したという報告が来た。

「自分も元ビジュア ル系アーティストではあるが、今は芸能活動をしていない。それと同じ事とは思わないか―」

 半蔵は自分が元々 はビジュアル系アーティストとして活躍していた事を明かした。しかし、バンド名等に関しては話すのを止めた。

 

 半蔵の実技テスト 終了後、面接を含めた総合結果を数日から数カ月以内で発表する事が告知され、運び屋の審査が無事に終了した。

「さて、総合結果発 表がどうなるか…」

 プロデューサーは 色々と悩んでいた。貴重な意見だけではなく、こちらの想定していた以上のサンプルデータが手に入った事にも驚いているからだ。