×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミュージックオブアナザーワールド

・主題
いつも通りだ、問題ない。音ゲー関連は一切なし。西雲隼人、瀬川アスナ、パンドラの世界観とは別物。
(しかし、サウンドプリンセスをベースにしたロボットである刹那・零式や西雲隼人の本、ラクシュミという
アイドルグループ等、スターシステムな要素はある)


・年代
西暦2011年5月~6月、西暦ではなく歌歴に変更されている。


・冒頭部分
2011年5月、デビューシングルで「CDチャート1位を獲得しないと体操着でライブ」という条件を付けた
CDが7月に発売される事が発表される。その一方で、何とか発売日と被らないようにCDを出さないと…と
考えるレコードメーカーが相次ぐ。

発売日の被りを回避したい理由には「超有名アイドルのCDと発売日が被ったら、『フラッグ』に目を付けら
れる」という噂があった為である。

音楽業界再生を個人的に訴える謎の団体『フラッグ』、彼らの特徴としては変わった機能を持つ携帯音楽プレ
イヤーを所持していることがあげられる。彼らの目的は『音楽業界再生』、その為には超有名アイドルの商法
が邪魔だと考えているからだ。

今回のデビューシングルでの「CDチャート1位を獲得しないと体操着でライブ」という部分に超有名アイドル
商法の疑いありと認定したフラッグは、4人のエージェントを派遣したのである。

ミュージックスタジアムの認められたエリア内で芸能事務所のアイドルやレコード会社のアーティストとのバ
トルを繰り広げていくフラッグ、その勝者となる事がフラッグに与えられた使命なのである。

これは、東京都足立区で起こった音楽業界の流れに逆らおうとする組織と超有名アイドル商法を正当化しよう
とする一部芸能事務所との戦いを描いた記録である。


・起(時代設定等)
2011年4月、日本限定で西暦は歌歴(うたれき)に変更される、それは超有名アイドルグループが日本国内
で大ブレイク、100兆円産業とも言われている現状があったからである。

その中でもREC50というグループが最も人気があり、そのビジネススタイルにあやかろうとする芸能事務所やレ
コード会社等が次々と同じスタイルを導入した結果、赤一色のような音楽業界に変貌してしまったのである。
(この状況を見て、引退したアーティストも多数いた。これらの事実は、大きく報道されていない為、ファンは
ネット上での情報を頼りに、引退したのかを調べていた)

その一方でその恩恵を全く受けない業種からは不満の声が出始める。ネット上でも超有名アイドルだけで洋楽
等に対抗出来るか…と言われると疑問の声が浮かぶ。このままでは商法だけが独り歩きをし、やがては日本を
喰らうまでになってしまうのでは…。そこでネット上に浮上したのが『フラッグ』という単語だった。
(この地点では、実際にフラッグと言う組織があったという事は一部にしか知られていない)

ネット上で不安が浮上した矢先、5月に行われたとあるアイドルの記者会見で現実になった。

デビューシングルで「CDチャート1位を獲得しないと体操着でライブ」という条件を付けたCDが7月に発売
される事が記者会見の中で発表されたのである。

翌日の新聞記事で今回のデビューシングルの一件が大きく取り上げられ、レコード会社としては発売日が被ら
ないようにリリース日を遅れさせる等の処置を取る会社も現れた。
(しかし、それらの行動も実は『REC50』の思惑通りだったのである)

数日後、ネット上では『フラッグ』と呼ばれる個人組織の存在が明らかになり、彼らが音楽業界再生の為に今
回のデビューシングルに関する発表を超有名アイドル商法と認定、活動を阻止しようと動き出した。



・承(起を受けて、物語が進む)
最初にライブ会場に乱入したのは、南雲零那だった。今回CDデビューするアイドルとは違う別のグループが超有
名アイドル商法に判定される行動を起こしたため、それを妨害する為に動く。結果は成功し、音楽協会からこのア
イドルグループは活動自粛を命じられる結果となる。

同日、別のCD即売イベントに乱入したのは星神七海、彼女も今回のCD即売会が別のCDを購入したユーザー限
定に加えて、CDに同封されているチケットの数によって特典が変化するという部分に超有名アイドル商法と判定
し、その後に現れたファンクラブメンバーと一緒にイベントを妨害した。結果は成功し、どさくさにまぎれてグッ
ズ等を持ち去ろうとしたファンクラブメンバーが逮捕、音楽協会からこのアイドルグループは解散を命じられる結
果に。最終的には、このアイドルは存在自体が黒歴史として認定される。

更に同日、厳戒態勢の中で行われた新人アイドルの発表会に乱入したのは、刹那だった。そして、会場には偶然に
も『ミュージックオブアナザーワールド』と連動する機械が置かれていた為、刹那は刹那・零式を呼び出してイベ
ントの妨害をする。結果は成功し、音楽協会からは該当する芸能事務所数社に罰金及び活動自粛を要請。新人アイ
ドルのデビューは幻となる。

刹那が行動を起こしている頃、新人アイドルのゲリラライブに姿を現したのは、セツナだった。ゲリラライブの為
に超有名アイドルとは無縁かと思われたが…周囲の客層や警備員にかなりの数が投入されている事からCD購入者
限定のゲリラとは名ばかりの超有名アイドルライブと断定、妨害活動を開始する。

結果に関しては成功、CD購入者限定のチケット等をCDに同封する事を法律で禁止する事も視野に音楽協会が検
討を始める。該当アイドルグループは活動自粛となるが、メンバーの何人かが脱退し、最終的には自然消滅する事
になる。

翌日、ネット上にはフラッグと名乗る音楽業界再生を目的とした組織が、昨日のイベント妨害に関わった事を正式
に発表した事でレコード会社や芸能事務所には衝撃が走る。

『音楽業界は、超有名アイドル商法以外を音楽活動とは認めない流れになっており、この状況は音楽業界その物を
破滅させる。我々は音楽業界を再生させるべく、超有名アイドル商法に宣戦布告をする!』

ゼロと名乗る人物による宣戦布告は、大物アーティストを抱えるレコード会社等にも不安をあおり、遂には一連の
宣戦布告が超有名アイドル商法の日本支配を加速させてしまう。

この宣戦布告を見たREC50の芸能事務所は、ミュージックオブアナザーワールドを使用したライブバトルを芸能事務
所やレコード会社に提案、大半の事務所や会社等はフラッグを潰す為に共闘する事を申し入れる。

そして、REC50の芸能事務所が『フラッグの活動を阻止した事務所及びレコード会社には特別のノウハウを伝授する』
と宣言した事で、さまざまな芸能事務所及びレコード会社がフラッグの活動を阻止する為に『ミュージックスタジア
ム』を足立区に数か所設置する事になる。

しかし、ミュージックオブアナザーワールドの真の力を引き出す為のミュージックスタジアム、フラッグとフラッグ
に対抗する為に動き出す芸能事務所とレコード会社…この構図はREC50がお互いを疲弊させて、自分達だけが日本の音
楽業界を支配しようと暗躍している証拠でもあった。
(洗脳とか、マインドコントロールとか…その辺りの言葉も使いたい所ですが、さすがに没の気配)

その後、携帯音楽プレイヤーであるミュージックオブアナザーワールドを所持しているのは、フラッグに在籍する4名
だけと思われていたのだが、その技術さえも既にREC50によってコピーされていたという事実に司令は驚く。ミュージッ
クスタジアムの技術に関しては、言及を避けている。

『ミュージックスタジアム』のこけら落としでは、行われた4戦すべてがフラッグ圧勝と言う結果になる。敗北した芸
能事務所及びレコード会社はREC50に吸収合併されるという展開となり、次第にREC50に対して何かの不信感を感じ始め
ていた。


・転(状況が大きく動く)
ミュージックオブアナザーワールドが開始されて数週間が経過した後も、4戦すべてがフラッグ圧勝と言う状態は続い
た。そのたびに敗北した芸能事務所とレコード会社はREC50に吸収合併され、次第にその規模は国内でも最大規模の芸能
事務所へと変貌していった。

この流れはREC50側には大変有利となり、遂には音楽協会に属さない音楽ゲームメーカーや一部のレコードレーベル以外
のライバル会社はいなくなっていた。日本がREC50一色という状態になった瞬間でもあった。

そんな中で、遂にデュエルには本命アイドルが登場することでテレビや雑誌でも話題になった。それはデビューシングル
が「CDチャート1位を獲得しないと体操着でライブ」という条件を付けてのデビューする事になったアイドルグループで
ある。デュエルに関しては、CDがリリースされる7月に組まれる事になった。

そして、そのデュエルには南雲零那が指名を受けたのだが、まさかの敗戦に。そのデュエルを見ていたのは、過去に知人
関係にあった彩月だった。彩月は、このデュエルを見て「意図的にフラッグが負けた形跡があるのでは…」と思い始める。
(実際、REC50の様子がおかしくなったのをゼロ指令は感じ取り、様子を見る形としての敗戦を指示していた)

しばらくして、彩月はネット上で超有名アイドルがCDチャートを工作していたという事実を発見する。その情報をフラ
ッグに提供する事も考えていたのだが、彼は音楽協会に提出し、その情報は音楽協会が独自判断で即日発表する形に。

音楽協会が流した情報をREC50の芸能事務所は「誤報だ」と否定はするが、次第に吸収合併していった芸能事務所やレ
コード会社からの信用を失い、次第にREC50から離れていった。そんな裏騒動があったにもかかわらず、ファンの数が
一向に減っていないのは自分達に不利になる情報を遮断していたからだった。

REC50は何かを隠していると思い始めたセツナはREC50のメンバーに挑戦状をたたきつける。

そして、REC50メンバーと思っていた相手に勝利するが、その正体に芸能関係者やテレビ局、セツナも衝撃を隠せなかった。

・結(物語の結末)
衝撃のデュエルが終わった翌日、新聞やテレビでは今回のデュエルに関してREC50の事務所側に意図的な工作があったのでは
ないかという話が浮上する。セツナはREC50のメンバーを指名したにもかかわらず、事務所側が出したのは別のアイドルだっ
たからである。しかも、そのアイドルは「CDチャート1位を獲得しないと体操着でライブ」という事で話題になったアイドル
グループと言う事に、話題を取る為だけにミュージックオブアナザーワールドを利用していたという事実も明らかになった。

その数日後、音楽協会はREC50の今まで行ってきた事に関して不正があったと認め、警察に被害届を提出、REC50の事務所が警
察の家宅捜索に入り、その数日後には会社は解体される事になった。

全ての役目を終えてフラッグは解散となり、4人はそれぞれ別の道を歩むことになった。

星神は芸能界から追放されている為に同人CDレーベルを彩月に紹介してもらい、そこでCDを出す事になった。

南雲は個人でコスプレを中心としたコミュニティを動画サイト内で立ち上げ、コスプレイヤーを目指す事に。

セツナは、未だに超有名アイドル商法が残っている音楽業界では破滅が待っている…とフラッグを再度旗揚げし、ミュージッ
クオブアナザーワールドで知り合ったアーティストと協力して音楽業界再生に力を尽くす事にした。そこには、フラッグを解
散させたはずのゼロも特別顧問として協力する事にした。

刹那は、一時的に休業届を出していたゲーム会社に復帰、再び音楽ゲーム開発に全力を注ぐ事に。

しかし、REC50の行ってきた事に対する反応はCDチャートにもダイレクトに現れ、同人シューティングゲーム楽曲や音楽ゲーム
の楽曲がCDチャートを独占すると言う状況になる。「CDチャート1位を獲得しないと体操着でライブ」と言う事で話題にな
ったグループは、後にREC50とは無関係と言う事で無事にCDをリリースしたのだが、結果は10位以下だった。

そんな状況を見てセツナは思った。「音楽業界が欲しいと思っている人材は、一時期の話題性だけで終わるようなアイドルでは
なく、後世にまで語り継がれるであろう実力と個性を持ったアーティストなのでは…と」



・登場人物

>セツナ(十剣雪菜(とつるぎ・せつな)):女 20
音楽業界については全く知らない素人で、超有名度アイドル商法についても新聞での知識程度と言う人物。
彼女がフラッグに起用された理由は『他の音楽業界』が『超有名アイドル商法』に侵食されるのをネット上
でも嫌っていた事を指令が噂を聞いてスカウトした。フラッグ結成当時の初期メンバーでもある。

口調は表情が少なめの口調。無言が多い。

使用する携帯音楽プレイヤーは、美少女騎士に変身するアイテムになっている。

「超有名アイドル商法を模倣しようとするレコード会社は…許さない!」

・外見設定
黒髪のロングヘア。ピアスとかイヤリングは苦手。軽装を好む。
身長は185CM。体重不明。3サイズは95、67、99

CVイメージ:下田麻美


>刹那(せつな):男 21
同じ刹那という名前を持つセツナが気になって、フラッグ入りした。音楽業界はある程度知識をかじった程
度だが、超有名アイドル商法が利益第一と考えた商法で音楽業界には一利もない事はセツナと共通認識のよ
うだ。

ちなみに、刹那は本名ではない。本名に関してはゼロ指令も把握しておらず、ネット上でも手がかりがない。

口調は無言を貫く。彼が口数多く喋っていると目撃した者もいるが、それは別人格説がある。

使用する携帯音楽プレイヤーは、全長5メートルのロボット『刹那・零式』を呼び出すキーとなっている。

「超有名アイドル商法に便乗を確認…」

・外見設定
黒髪のショートヘア。身長は170CMでセツナより低い。

CVイメージ:刹那=F=セイエイ

・ネタバレ設定
本名は西雲刹那。判明するのはラスト数シーンのみです。


>南雲零那(なぐも・れいな):女 22
フラッグでは一番最後に加入した人物。自分の知り合いのアーティストが超有名アイドルのせいで引退を余
儀なくされた為、その復讐の為にフラッグ入りした。指令は復讐の為にフラッグを利用するのは…と思って
いるのだが、彼女の決心に押される形で加入を認めた。

使用する携帯音楽プレイヤーは、ロングレンジライフルの起動キーになっている。

・外見設定
金髪のポニーテール…というよりお団子ヘア? 全身水着(スピード社のアレ)みたいなウェアを普段着とし
ている。
3サイズは、89、69、94(推定)、身長は159CM。体重不明。

口調は、ですます系。

CVイメージ:戸松遥

・ネタバレ設定
兄の名前は南雲皐月。しかし、本編未登場。


>星神七海(ほしがみ・ななみ):女 24
セツナの後にフラッグ入りした元アイドル。しかし、超有名アイドル商法に嫌気がさして自分からラクシュ
ミを脱退、フラッグ入りを自ら志願した。
(ラクシュミはイメージオブアイドルヒーローの物とは別)

「CDチャート1位を獲得しないと体操着でライブ」という話を聞いた後、このようなやり方で簡単にチャー
ト1位を取ろうだなんて…と疑問を抱き、数日後には『超有名アイドル商法は必ず破綻する』と宣言して脱
退した事はネット上でも有名な話になっている。

使用する携帯音楽プレイヤーは、魔法使いの杖と同じような役割をしている。

・外見設定
青髪のロングヘア。ファンタジーでよくある魔法使いのコスプレをしている。超が付く程の巨乳の持ち主。

3サイズは、100、77、105(推定)、身長は176CM

CVイメージ:たかはし智秋


>ゼロ:女 22
『フラッグ』の司令。名前が別作品の…と言うのは気にしない方がいい。

口調は真剣だが、喋り方が少年っぽい。たまに熱血口調になる事も。1人称は僕なのだが、たまに私という
1人称も使う。

「僕の名前はゼロ…」

・外見設定
髪はショートで少し体格がぽっちゃりしている。身長は166CM。体重不明。普段は背広姿である。

3サイズは85、69、89(推定)

CVイメージ:釘宮理恵


>彩月(さいげつ):男 30代(推定)
外見は30代前半。レコード会社及び芸能事務所がフラッグと戦う様子を見て開口一番に「茶番だ」と言い
放った人物でもある。実は超有名アイドルの登場で引退を余儀なくされたバンドのボーカル担当。南雲とは
古い付き合いで、自分が引退した事が彼女をフラッグ入りを加速させた事に対して負い目を持っている。

やがて、ネット上で超有名アイドルがCDチャートを工作していたという事実を知り、その情報をフラッグ
に渡すことなく音楽協会に提出、後に情報が事実と知った音楽協会が警察に被害届を出し、家宅捜索という
流れになる。

・外見設定
身長175CMでやや細身。髪型はスポーツ刈り。常にサングラスをしているが、視力が悪い訳ではない。

CV:ルシフェル(エルシャダイ)

彼が登場するのは転になってから。


・サブキャラ
>超有名アイドル:女 18~19
デビューシングルが「CDチャート1位を獲得しないと体操着でライブ」という条件を事務所命令で付けられ
たアイドルグループのメンバー。

実際は、REC50の同系列芸能事務所アイドルと言う事が後ほど判明、全てはREC50が日本を支配する為に仕組
んだ芝居だった事が明らかに。

REC50の芸能事務所が家宅捜索を受けると、REC50の同系列芸能事務所アイドルが一気に引退し、同人シュー
ティングゲーム楽曲や音楽ゲームの楽曲がCDチャートを独占すると言う状況になる。

##メカニカル##

>刹那・零式
全長:5メートル、重量:700kg
武装:サウンドブレード+ブラスター、サウンドマルチポッド+シールド×12

・解説
『フラッグ』がとある音楽ゲームに登場した機体をベースにして作成したロボット。武装類は原作同様に少ないのだ
が、パイロットによって適切な武器を自動的に作成し、更にはデザインも変化するという技術が投入されている。
これによって、武装数の少なさはある程度カバーされている。

現在は刹那専用機体。

・ネタバレ?
外見は3D技術等を複合したCGで製作された物。フレーム部分は実際のロボットなのだが、外装が間に合わなかっ
た為に一部をCGでカムフラージュしているという形を取っている。

##用語集##
>『ミュージックオブアナザーワールド』
市販されている携帯音楽プレイヤーと違い、大容量及び高音質を保証された高性能型でもある。しかし、その実体は
ある装置と連動する事で特殊能力を発揮できる連動型のキーにもなっていた。

その装置は、ミュージックスタジアムに使われている技術に酷似しているのだが、真相は不明。
(データを盗み出して装置を作った訳ではないので、意図的に何者かが流出させた?)

後に、ミュージックスタジアム内で行われるライブと言う名のデュエルが『ミュージックオブアナザーワールド』と
呼ばれるようになった。

>『ミュージックスタジアム』
足立区内に複数ある、特殊装置を使ってライブを行う事が出来る特別なスタジアム。その広さはドーム球場クラスな
のだが、スタジアムとは名ばかりに周囲にビルや商店街、道路等もフィールド内に含まれているケースが多い。

基本的に半径250メートル範囲がスタジアムの対象内で、その範囲からオーバーしてしまうとミュージックオブア
ナザーワールドの能力は効果を失う。
(刹那・零式の一部外装も、範囲外に出ると消滅する)