×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

究極の対談と言うよりも、楽屋裏トーク(編集版)


・いつものテンプレですが、注意事項

※一部、用語等でノンフィクション箇所が存在しますが、基本的にフィクションです。

例によって、いくつかの内容が『一部ノンフィクション』と突っ込まれそうなネタも存在します。

本編は、あくまでもフィクションという事を大前提でお願いします。皆様のご理解とご協力をお願いします。


今回は更に輪をかけるようにメタなネタが多数です。メタネタを苦手とする場合はトークの内容を楽しめない場合があります。

その場合はブラウザの戻るでバックする事をお勧めします。


これでも自重バージョンになっています。超有名アイドルを別用語に変更するのは、さすがにやり過ぎ感があったので…各自でイメージの事。











「ここまでスクロールをしたと言う事は、注意事項に同意したと判断するが…大丈夫か?」



「大丈夫だ、問題ない」





##楽屋裏トーク##

・西暦2012年、県内某所のアミューズメント施設

(※どう解釈してもラウンドワンです。本当に…(ry)


水凪シオン(以下、シオン)「ここまで大きな規模のゲームセンターは都内でしか見かけないと思っていたが…」

シオンが立ち止ったのは、クレーンゲームの筐体。お菓子が景品になっている物もあるが…。


瀬川アスナ(以下、アスナ)「時間までには、まだ余裕があるのかな…」

アスナは鉄拳タッグトーナメント2の筐体の前にある中央モニターで他店舗の対戦動画を見ている。


西雲隼人(以下、西雲)「確か、ここで合っているはずだが…」

西雲はダーツコーナーの一角で誰かを待っているようにも見える。そこへ現れたのは…。


―お待たせしました。カラオケルームの1部屋を借りましたので、そこでお話ししようと思います。まずは、お二人を

呼んできていただけませんか?


数分後、アスナ、シオンと合流した西雲は指定されたカラオケルームにやってきた。すると、そこには意外な人物が

いたのである。彼の名は…。


(自己紹介、それぞれの出身作品紹介等は中略。詳細は、世界線ページを見ればいいんじゃないかな?)


西雲「最近は企業ロゴを印刷したスーツ等が登場するヒーローもあったからな…ホーリーフォースか、色々と学ぶ部分がありそうだ」

シオン「ヴァルキリープラン、これは興味を湧かせる材料だな。他にも、ライトニングマンも…」

アスナ「どこも超有名アイドルを取り巻く現実は同じみたいね。アヴェンジャーのようなケースはレアかもしれないけど…」


(その後、雑談等で盛り上がるが中略)


―今回は「音楽業界のこれから」というタイトルでお話を聞きたいのですが…?

シオン「音楽業界か…」

アスナ「これは難しいタイトルを…」

西雲「……」


―数分後。

シオン「超有名アイドル路線を否定はしないが、さすがに1組のアイドルが解散したと同時に経済全体が不況になるのは違うと思う」

アスナ「1組のアイドルに全部を丸投げしないような…そんな状態になるのが一番理想だと思います」

西雲「今の音楽業界では、これからのビジョンを設計したとしても実行できる能力があるかどうか疑問に残る」

―疑問、ですか?

西雲「我々が必要とするのは、『音楽を本当の意味で愛せるようになる環境をつくる事』であって『音楽で莫大な利益をあげる』というようなことでは…」

シオン「自分も『利益至上主義型のスタイル』が限界にきている事は、超有名アイドルが増えてきた辺りからは懸念していた」

アスナ「あのスタイルがテンプレ化して、『超有名アイドル商法で確実に利益が得られる』みたいな現状になった事は反省すべきだと思います」


シオン「重要なのは、音楽を何かと勘違いして『ドル箱ビジネス』みたいな現状にしてしまった事。その辺りは、アスナと同意見だと―」

西雲「超有名アイドルが『ドル箱ビジネス』になってしまった事に関しては、弊害として他の業界でも大きな打撃を与えている。必ずしも超有名アイドル商法を続けてい れば経済が良くなる…という事ではない事の現れなのかもしれないだろう」

アスナ「これから、音楽業界の大御所が超有名アイドル商法の影響で業界から撤退する事も避けられないでしょうか?」

西雲「残念ながら、これに関しては避ける事は出来ないだろう。『これは絶対に起きないだろう』と断言できるような事は、この世の中には存在しない―」

(その後、あまりにも放送コードにかかるネタが続いたので、中略)

シオン「『この世に絶対と言う物は存在しない』…とは良く言った物だ。恋愛禁止だろうと、裏では実際に…というケースも、最近になって取り上げられたばかりだから な。ファンを裏切るという意味では―」

(再び、放送コードにかかるネタが…(略))

アスナ「超有名アイドルの便乗商法も限界にきている以上、音楽業界が考えるべきなのは『更なる独創性を持った音楽』を作り出す事。中でも一番印象的だったのは―」

(放送…(ry))

―それでは、そろそろお時間のようですのでまとめをお願いします。

シオン「超有名アイドル商法を規制したとしても、それをすり抜けて似た商法を繰り返す会社が現れる事は明白だ。それらを考えて、芸能事務所等が過度の宣伝活動を自 重するのが一番だと思う」

アスナ「自分は元ラクシュミメンバーなので、2人が言っている事に関しては痛い程に分かります。音楽業界は自分達の利益を得る為だけに動くのではなく、寄り良いク リエイター等を生み出すような環境を整える方が重要と考えています。これは、どの業界にも同じ事が言えるかもしれません」

西雲「『超有名アイドル』の支持者もいる事は事実であり、その全てのファンが投資家のような人物ではない事も事実だろう。音楽業界が一つのジャンルだけで独占され るような状態だけは避けなくてはならない。ありとあらゆるジャンルが共存し、初めて音楽業界が成立する。表向きの発言の裏には、利益第一と考える人物も存在するか もしれない。そう言った流れを断ち切り、本当の意味で音楽を楽しむ事が出来る環境をつくる。それが、音楽業界のこれからを作る上で重要な要素になる事は間違いない だろう―」

―今回は、どうもありがとうございました。

事情が事情の為か、編集版と言う事で楽屋裏トークをお送りしたが…彼らが音楽業界の現状を良く見ていない事だけは事実と思われる。確かに良曲等が生まれている現状 もあるのだが、ピックアップされるのは超有名アイドルだけという状態である事も理由の一つだろう。

もしも、音楽業界のこれからを考える上で彼らの意見が少しでも役に立つ事があれば、トークを収録した自分も少しは役に立てただろうと…。

最後に、西雲隼人シリーズ、瀬川アスナシリーズ、ミュージックユニオンという作品枠を超えてトークに参加していただいた3名にはこの場を借りてお礼を申し上げたい と思います。本当にありがとうございました。


2012、3、31  アムドラあかり